白山歯科医●

白山歯科医院|歯科・矯正歯科・小児歯科・口腔外

2020年3月 新規開院予定

HOME BLOG

加熱式たばこについて


こんにちは。
白山歯科医院の白山です。

みなさんは加熱式たばこというものはご存知でしょうか?
アイコスなど機械にたばこをつけるような形の新しいたばこの形です。
昔は同じような形で水蒸気たばこという、禁煙用につくられたただの口にくわえて水蒸気を吸うという機械がありましたが、それに似ています。

加熱式たばこ に対する画像結果

町でもよく見ますのでご存知の方は多いかとは思いますが、どういうイメージでしょうか。においなどはたばこ独特の匂いも少しはありますが、ナッツのような香ばしいにおいのようなものがメインになっています。
そこで『体に悪くないたばこ』というイメージも少なからずあるのではないかと思います。

しかしこれは間違いで、しっかり有毒です。

「タバコゼロ社会」を目指す日本禁煙推進医師歯科医師連盟学術総会が千葉市で開かれたのですが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックや25年の大阪万博を見据え、受動喫煙防止条例の制定を目指す自治体の動きが加速しています。総会では、既に条例を制定している3自治体の関係者や禁煙運動を進める医師らが報告し、加熱式たばこも紙巻きたばこと同様に有害だとした上で、誤った認識に警鐘を鳴らしています。

参加した産業医科大学の欅田尚樹教授は「吸収する有害成分の減少と健康被害が生じるリスクは比例しない。加熱式たばこと紙巻きたばこで健康リスクを比較すれば、ほとんど違いはない」と指摘しました。また、加熱式たばこで生じる霧状のミストに含まれている化学物質の総量自体は紙巻きたばこと大きな違いがないと報告しました。

次に大和教授は「加熱式たばこのエアロゾルにも有害物質が含まれ、周囲に受動喫煙と同様の問題を引き起こす可能性が高い」と指摘。その上で東京都調布市が定めた「受動喫煙防止に関する基本方針」のように、「喫煙」をたばこが燃焼または加熱して煙または蒸気を発生させることだと定義することが望ましいとしています。

加熱式たばこのエアロゾルにさらされる喫煙者の家族の健康に悪影響を与えることは容易に想定され、「特に影響を受けやすい乳幼児ではぜんそくや中耳炎の原因になることが考えられる」と警鐘を鳴らしたのです。

びっくりですね。

おそらく使われている方は、周りと自分の体に気を使って、高いお金を払い加熱式たばこに変えられたと思うのですが…
健康被害は通常のたばこと一緒です、イメージと違いますね。

もちろん口の中も一緒なので、悪影響は出ます。
たばこを完全な悪とみなして過敏に迫害していく不寛容社会もいかがなものかと思いますが、加熱式たばこだからオッケーという理由は何の信憑性もないということが分かります。

それでは。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ