〒662-0811 兵庫県西宮市仁川町2丁目4-13 1F
0798-56-7001

しらやま歯科クリニック

ブログ

Blog

【日記】小さい患者さんに言われて、心震えたこと


こんにちは。

兵庫県西宮市仁川町で歯医者をしている白山です。

虫歯を治したり、矯正をしたり、子供の治療をしたりしています。

さて今回は歯や口に関する知識などではなく、シンプルな僕の日記になります。

興味がある方だけ、読んでください。(笑)

11歳のお子さんの話です。

前から来てくれている子で、とても賢く優しい子です。

ご家族で見させていただいているのですが、弟の相手をしているところをよく見ます。

そんな素敵なお子さんなのですが、子供の歯がなかなか抜けなくて痛いということで来院されました。

見てみるとびっくりするぐらいグラグラで、ベロでちょっと触るだけでも抜けそうな感じです。

お母さんや弟君は、「紐でピッと引っ張ったらすぐ抜けるよー」と声をかけます。

実際、僕もその程度で簡単に抜けそうだなと思うぐらいのグラグラです。

ただ、その子はどうやら、その引っ張るのが怖いらしく、麻酔の注射をしたうえで僕にとってほしいと訴えます。

この時点で、嬉しすぎて顔がにやけます。

麻酔も2回ほど今までにしたことがあるのですが、そこまで痛くなかったのかなーと嬉しく感じます。

そして、お母さんと弟君に、

「先生の麻酔、全然痛くないから、やってほしいんだもん」と言います。

ちょっと泣きそうになるぐらい嬉しかったです。

麻酔がどうすれば痛くないのか、研修医の時から考えて考えて、色んな勉強会に出て、様々な先生にきいて…

その今までの積み重ねをしてきてよかったと思いました。

プロとして当然の努力なので、言葉は適切ではないかもしれませんが、報われたような気がしました。

任せて!今回も痛くないように麻酔するよ!

とその子に思わず声をかけてしまいます。

その後の麻酔は普段の何倍も緊張しました(笑)

無事問題なく抜けましたが、本当にこの瞬間のために歯医者をやっているのかもなと感じます。

心がとても洗われたような気がします。

ありがとう!Sちゃん!!

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ