〒662-0811 兵庫県西宮市仁川町2丁目4-13 1F
0798-56-7001

しらやま歯科クリニック

ブログ

Blog

知覚過敏はなぜ起こる?


こんにちは。

宝塚市の隣、兵庫県西宮市仁川町で歯医者をしているしている白山です。

虫歯を治したり、子供の歯を治療したり、矯正したりしています。

さて、今回は前回の続き、【知覚過敏はなぜ起こる?】について話していこうと思います。

まず、知覚過敏とは「象牙質(ぞうげしつ)の露出」によって起こります。

歯の中心には神経があり、

やわらかい象牙質と硬いエナメル質に覆われています。

神経 → 象牙質 → エナメル質 の三層になっているということですね。

通常であれば、歯の一番外側をエナメル質が覆っていて痛みを感じることはありません。

エナメル質というのは歯の“鎧”のようなものなので、あらゆる刺激から歯を守ってくれます。

冷たさ、熱さ、咬む衝撃、虫歯の酸…

口の中はあなたが思っている以上にハードで過酷な環境なのです。

ですが、もしそのエナメル質が無くなってしまってはどうなるでしょうか?

まず象牙質が露出してしまいます。

象牙質が露出すると神経に刺激が伝わり、痛みを感じやすくなります。

簡単に言うと、これが知覚過敏のメカニズムで正体です。

象牙質が露出する原因は、

・打撲で歯が欠けた
・歯ぎしりや食いしばりで歯がすり減った
・酸の強い食べものや飲みもので歯が溶けた

などが考えられます。

言い換えると、エナメル質が取れてしまう原因です。

硬い食べものばかり食べている人も、歯に強い負担をかけることがあるので
注意しましょう。

いくら歯の鎧のエナメル質でも限界はあるのですね…

実は知覚過敏が起きる原因はもう一つあります。

次はそれを見ていきましょう。

知覚過敏が起きてしまうのは、染みやすい象牙質がむき出しになることでしたよね。

歯の根っこも象牙質があり、知覚過敏が起こりやすい部分です。

つまり歯ぐきが下がると歯の根が露出して、象牙質がむき出しの状態に…ということですね。

歯ぐきが下がるのは、

・加齢
・歯周病
・過度なブラッシング

などが主な原因。

これを全て解決しようとすると、硬いものは食べれないし、歯ブラシも当てすぎはダメだし、年もとってはいけないし…

絶対に不可能ですよね(笑)

では絶対に知覚過敏がおきるのか。

絶望したあなた!大丈夫です!

人間の体は想像以上に素晴らしくできています。

歯の中の神経…脳に痛みを伝える神経もバカではないので、「これは痛いと伝えなくてもいい刺激なのでは?」と知覚過敏を感じている間に形を変えていきます。

神経がほそくなり、鈍くなっていくイメージですね。

それはそれでいいことばかりではありませんが、知覚過敏のことに特化して言うとメリットしかありません。

知覚過敏が起きている歯もそのうち痛みが落ち着く可能性があるということです。

いかがでしたか?

あなたの知覚過敏は今どんな状態ですか?

歯の自然な治癒に任せるか、治療したほうが良いか…

これは自分ではなかなか判断しにくいのではないでしょうか?

心配な歯があるときは、すぐ歯科医院でチェックしましょう!

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ