白山歯科医●

白山歯科医院|歯科・矯正歯科・小児歯科・口腔外

2020年3月 新規開院予定

HOME BLOG

ここぞというときに踏ん張れるかどうか


こんにちは。
白山歯科医院の白山です。

4月になりどこの会社でも新体制が敷かれることとなっていると思います。
特に新入社員のみなさんは生活が学生から社会人に大きく変わることとなり、大変な毎日が続いていると思います。

そこで新入社員に対して、あるTwitterの内容が話題を読んでいます。
内容を抜粋すると以下のような感じです。

「新しく働き出したみなさんへ。仕事はいざとなったら投げ出してもいいし、逃げてもいいのです。それで君のすべてが否定されるわけではない。退路をふさぐと、仕事は労働になってしまう。人は生きるために仕事をするのではない。生きることが楽しい、それを最上位に置いてください。ほどほど、がんばれ。」

難しいですね。
私はこの意見に完璧に同意することはできません。
『人は生きるために仕事をするのではない』とありますが、社会の中で生きるというのは仕事をして社会に貢献することも含まれていると思います。
そして生きていく中で簡単に逃げたりしてはいけない瞬間もあります。もちろん仕事以外でも。

そのなかでこんなに簡単に「適当でいいよー」といってしまうのはどうなのでしょうか?
責任というのは自分を縛るものでもありますが、自分が成長できる要素でもあります。40歳、50歳になってから後悔してもどうしようもないことも多いと思います。

それまでにいかに成長できるかが、それ以降の人生の豊かさに直結します。
そのチャンスを奪ってしまうような安易なアドバイスはいかがなものかと思います。新入社員の方からすれば、こういう風に言ってもらえることで救われることもありますし、自分を追い詰めすぎるのは良くないことですが、甘やかすだけが上司の仕事ではありません。

気合を入れなければいけない時、絶対に逃げちゃいけない時、自分がどんなコンディションでも踏ん張らなくてはいけない時…

そんな時期が絶対にやってきます。そのときに後悔しないように今頑張り時なのではないでしょうか。
少し古い考えかもしれませんから、若い方には反発を受けるかもしれませんが、おのおの後悔しない充実した人生を送ってほしいものです。

それでは。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ