〒662-0811 兵庫県西宮市仁川町2丁目4-13 1F
0798-56-7001

しらやま歯科クリニック

ブログ

Blog

親知らずってどうやって抜くの?


こんにちは。

宝塚市の隣、兵庫県西宮市仁川町で歯医者をしている白山です。

虫歯を治したり、子供の歯を治療したり、矯正したりしています。

さて今回は親知らずについてです。

だいたい22歳前後で大きく生えてくる親知らず。

その生え方によっては痛みや腫れを引き起こし、「もう抜いたほうがましなんじゃないか」と思うような状況になってしまいます。

でも怖いですよね…

歯を抜くという事実だけでも怖いのに、こんな奥の歯を抜くなんて!

しかも痛いらしいし!

お困りの方も多いと思います。

一緒に働いてくれる衛生士さん、急募です!衛生士さんとして行き詰っている方はぜひ!!|しらやま歯科クリニック|仁川駅すぐ!日曜日もやっている優しい歯医者さん (shirayama-shika.com)

では本題ですが、【親知らずはどうやって抜くの?】について、今から解説していこうと思います。

まず前提として、親知らずの抜歯方法(普通抜歯の場合)綺麗に生えている場合は一般歯科で抜歯できます。

①口腔内の確認

②麻酔(表面に塗る麻酔をおいてから麻酔をしていきます)

③麻酔が効いてるか確認を行い、器具で親知らずを動かします

④器具で歯を動かしながら抜歯します

⑤消毒を行い、骨の代わりになるお薬を詰めます

⑥(縫合)

(難抜歯の場合)→骨の中に埋まっている場合は外科的処置を伴い、一般歯科での対応が難しい場合がほとんどの為、大学病院や、口腔外科のある病院に紹介となります。

①口腔内確認

②麻酔

③切開(歯茎を切り開きます)

④歯に被っている骨を削り、歯を何分割かに削ります(一度では抜くことができないため)

⑤器具を使い歯を動かしながら歯を抜きます

⑥骨の代わりになるお薬を詰めて歯茎を縫います

流れとしては以上になります。

意外と手順が多いな~と思った方も、それだけで抜けるの!?と驚かれた方もいらっしゃると思います。

でも後半の治療法にあたる、“骨を削り~”に関しては全員怖い!という感想になりますよね。

奥歯の中でももっとも奥にあたる親知らず。

出てこないのであればそれに越したことはないのですが、出てきてしまったときにどうしておくのかを知っておく、そして決めておくことも大切だと思います。

もし痛くなくても心配だなーと感じる人もいると思うので、何かあればいつでも相談に来てくださいね!

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ