〒662-0811 兵庫県西宮市仁川町2丁目4-13 1F
0798-56-7001

しらやま歯科クリニック

ブログ

Blog

親知らずって抜いたほうがいいの?


こんにちは。

宝塚市の隣、兵庫県西宮市仁川町で歯医者をしている白山です。

虫歯を治したり、子供の歯を治療したり、矯正したりしています。

さて、今回はよく聞かれる質問コーナーです。

【親知らずって抜いたほうがいいの?】

22歳あたりでほとんどの方が経験する、親知らず問題。

一般的にも、  親知らず → 抜く という認識があるのではないでしょうか?

でも抜くのは怖い…

当然の気持ちです。

周りでも抜いたという話を聞く…やっぱり抜かなくてはいけないのかな?

でも自分だけは抜かなくても大丈夫だと思う、思いたい…

こんな感じで頭の中がぐるぐるしている人はおおいのではないかと思い、今回記事にします。

親知らずが痛くて悩んでいる人、ちょっと生えてきて心配になっている人にこの記事をぜひ読んでほしいです。

ではそもそも  親知らず → 抜歯 という常識は正しいのでしょうか?

さすがに全部が全部抜かなくてはいけないというのは違和感ありますよね。

でも確実に抜いたほうがいいケースもある…

抜く時に必要な基準をまずは考えてみます。

〜抜いた方がいい場合〜

①親知らずが横向きで半分しか生えてきていない→汚れがたまりやすく虫歯や歯周病につながります

②親知らずが隣の歯をおしていて歯並びに影響を与えている→歯並びが悪くなってしまう可能性があります

③親知らずの周りの歯茎が腫れている→智歯周囲炎になっている可能性があり、口が開けづらくなることがあります

④親知らずが噛み合わない→親知らずは噛み合わないとどんどん伸びてきて噛み合わせに影響したり、歯茎や頬を傷つけ痛みを引き起こします

⑤親知らずが虫歯、歯周病になっている→親知らずは歯ブラシが届きにくく虫歯や歯周病が進みやすい歯です。虫歯や歯周病が重度の場合は残しておかない方が良いでしょう

〜抜かなくてもよい場合〜

①親知らずが機能している→噛み合わせに参加して歯としての役割をはたしている場合

②しっかりと磨けている→毎日のケアができていて、虫歯や歯周病になっていない場合

⭐親知らずは残しておくと再利用できる(親知らずの移植)

①どこかの歯が悪くなって抜歯となった際にその部分に移植することができる

②手前の歯が抜歯となった際に矯正治療で親知らずを手前の位置に異動することができる

以上が抜く理由と抜かなくていい理由です。

そして最後にあえて残しておくメリットになります。

少しでも親知らずの悩みが解消できればいいなと思います!

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ