〒662-0811 兵庫県西宮市仁川町2丁目4-13 1F
0798-56-7001

しらやま歯科クリニック

ブログ

Blog

「あっ、しみる!」これって知覚過敏?


こんにちは。

宝塚市の隣、兵庫県西宮市仁川町で歯医者をしている白山です。

虫歯を治したり、子供の歯を治療したり、矯正したりしています。

 

さて、今回は【知覚過敏】の話です。

このブログでも何回か触れてきたところですが、

知覚過敏は冷たいものがキーンと染みるアレです。

もっと正確に言うと、『歯が温度変化で痛みが出るが、虫歯でないケース』を知覚過敏と呼びます。

 

歯が冷たいもので染みるのって、虫歯じゃないの??

疑問に思われた方は、

ぜひ最後までこの記事をご覧になってくださいね。

 

 

知覚過敏ってどんな物??

さて、では改めて、

知覚過敏とはどういう症状の物をいうのか考えていきましょう。

先ほども書きましたが、

冷たい飲み物を飲んだり、

アイスやかき氷を食べたりしたときに、

歯が「キーン」としみるあれのことですね。mushiba_woman

「歯がしみる」というのは

患者さんが歯科医院を受診される主な理由のひとつです。

みなさんもそうではありませんか?

そして、

この症状は①初期の虫歯、または②知覚過敏が主な原因として考えられます。

 

【知覚過敏とは】

正常な歯は、エナメル質に覆われていて守られていますが、

何らかの原因により象牙質がむき出しになると、

外からの刺激(冷たいものなど)が象牙細管を通って歯の内側の神経に伝わり、

結果として瞬間的に鋭い「キーン」という痛みを感じるようになります。

これが知覚過敏症状の痛みの特徴です。

 

象牙細管とは?

象牙細管とは、歯の組織の1つ象牙質に無数に存在するレンコンの穴のような構造の管です。

この管は、液体で満たされていて、

この内容物が温度差や浸透圧で膨張したり動いたりすると、

管の一方の端にある神経を刺激し、

私たちを悩ませる「キーン」という痛みが生じるのです。

 

知覚過敏の主な原因

① 歯の周りの組織がすり減り、歯茎が下がる「歯肉退縮」

②  歯の破折・ヒビ・亀裂

③ 歯ぎしりや咬み合わせが原因で歯が擦り減り、象牙質がむきだしになってしまったこと(楔状欠損など)

④  歯が溶けることにより象牙質がむき出しになってしまったこと(酸蝕歯など)

⑤  虫歯治療に伴うもの

⑥  ホワイトニングに伴うもの

 

< 知覚過敏の治療法>

~自宅で出来る対処法~

生活習慣を見直すことで改善できる場合もあります。

 

1)優しい力で歯磨きをしましょう

強くブラシを当てている方が多いようなのでゴシゴシ磨きをしないように心がけてみましょう

松友歯科クリニックに来院の際にはお手入れ時のブラッシングの力の入れ具合もチェック致しますので歯ブラシをご持参ください。

2) 歯に優しい歯みがき粉を適量使いましょう

知覚過敏用の歯磨き粉を使用してみましょう。松友歯科クリニックには、試供品のご用意もありますのでぜひお試しくださいね♪

3) 歯を食いしばらないことを意識してみましょう

 

~歯科医院で出来る対処法~

1)知覚過敏用の薬を塗布してみます

症状によっては1回では効果がでないこともあります。

繰り返し塗布して様子をみます。

2)コーティング剤で保護します

歯のしみる部分にコーティング剤を塗る方法もあります。

3)それでもしみる場合は、削れた部分を詰め物でカバーします

白いプラスティックなどの詰め物で削れている部分をカバーします。

4)マウスピースを装着することも有効です

歯ぎしり食いしばりによる歯への負担を軽減します。

5)歯周病の治療も大切です

知覚過敏を引き起こす原因となる歯周病は、

放置すると、歯の周囲の組織を破壊し、

最終的には歯が抜けてしまう原因にもなります。

知覚過敏の有無に関わらず、

歯周病がある場合には、早めに治療を受ける必要があります。

歯周病の治療を進めていく中で歯石を除去するため、

今まで歯石に覆われていた象牙質が露出することで、

知覚過敏が一時的に悪化することがありますが、

歯周病の治療は歯を長く守っていくためには必要不可欠です。

6)どうしてもしみる場合は、歯の神経をとることもご相談します

知覚過敏の症状がひどい場合の最終手段です。

今までご紹介したいずれの対処法でも改善されず、

痛みが強く堪え難い場合には歯の神経をとる処置をします。

神経をとった歯は「脆くなりやすい」「変色しやすい」「虫歯が進行しやすい」などのデメリットがあるため、

歯を長持ちさせることを考えると、

極力神経は残した方が良いのですが、

痛みが耐え難いほど強く、しかも長く続く場合の最終手段として神経をとる治療をご相談します。

歯ぎしりや食いしばりなどの強い力が歯にかかり続けると、

力の集中する歯の根元のエナメル質がタイルのようにポロポロ剥がれ、

しみやすい象牙質がむきだしになることを予防する1つの方法としてマウスピースを使用すると有効です。

 

まとめ

知覚過敏の確実な予防法はありません。

健康な歯肉でも加齢によってある程度歯肉が退縮することは避けることができません。

歯の根元の象牙質の露出を防ぐには歯周病の予防に努めることと、

歯肉の退縮が進みやすいような不適切な歯みがき法をしないことが大切です。

またプラークが付着した状態が長く続けば、

歯の表面が酸により溶けて、知覚過敏が起きやすくなります。

この場合にはむし歯も進行しやすくなります。

つまり、歯周病とむし歯の予防が、知覚過敏の予防につながるということです。

また歯に亀裂が入っていたり、

割れていたりする時にも、

同じような症状がみられることがあります。

知覚過敏が続く場合には、治療を急いだほうが良い場合も多くありますので

早めに歯科医院を受診することをおすすめします。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ