〒662-0811 兵庫県西宮市仁川町2丁目4-13 1F
0798-56-7001

しらやま歯科クリニック

ブログ

Blog

仕上げ磨きは何歳(いつまで)?


こんにちは。

宝塚市の隣、兵庫県西宮市仁川町で歯医者をしている白山です。

虫歯を治したり、子供の歯を治療したり、矯正したりしています。

 

さて、今回は患者さんによく聞かれる質問シリーズです。

その質問とは…

「子供の仕上げ磨きはいつまですればいいの?」

です!

子育てのご経験のある方なら、

必ず一度は考えたことのあるテーマではないでしょうか?

決まっているのかな?と疑問に思われた方も多いことでしょう。

仕上げ磨きとは磨き残しを防ぎ、

健康な歯を保つために、

大人が子供に行うケアのことです。

また、正しい歯磨きの習慣を身につけるための教育でもあります。

子供が一人で磨けていても

実際はほとんど磨けていないことが多いです。

よくあるパターンは、

1、テレビを見ながらなど、ながら磨きをしてしまい、歯ブラシを咥えただけになってしまっている

2、一生懸命磨いているんだけど、全部同じ場所ばかり磨いていて、全体を掃除できていない

こういうことが子供の自分磨きでは起きます。

さあ、大人が行う仕上げ磨きは必要ですね。

ちょっと解説していきましょう。

子供の自分磨きは…

他のことに興味が行ってしまったり、

鏡を見ずに磨いていたり、

大人に比べればまだまだ手先が不器用なため、

汚れがきちんと落ちていないのです。

脳と細かい指先までの接続がまだ未熟なため、

この不器用さは仕方がないものなんです。

仕上げ磨きをすることにより

子供に正しい歯磨きの方法を教えてあげることができ、

毎日子供の歯を見ることで虫歯や歯並びなど早めに歯科医に相談する事が出来ます。

この、確認するという作業も、

仕上げ磨きを行う上でとても大切な要素となります。

子供の仕上げ磨きははっきりと何歳までとは決められていません。

歯医者さんの多くは10歳~12歳くらいまでは仕上げ磨きをするよう推奨しています。

では12歳までに気を付けたほうがいいことはある?

生えたばかりの永久歯は乳歯よりも丈夫ですが、

生えたての永久歯は象牙質がまだ柔らかいため、

虫歯になりやすく、進行しやすいです。

また、乳歯と永久歯が混合しており、

6歳ごろに生え始める第一大臼歯や、

12歳ごろに生え始める第二大臼歯は生え初めのころは

背が低いため歯並びが凸凹していて磨きにくくなっています。

12歳頃まで親が仕上げ磨きをしたほうがいいと言われているのは、

小学校高学年まで永久歯への生え変わりが進むこと、

奥歯まできちんと磨くのが難しいこと、

正しい磨き方ができるようになるころが高学年であるからです。

子供では磨きにくい場所を親が磨いてあげることで

子供の虫歯を防ぐことができます。

お口の中の状態などによって個人差がありますが、

小学生になったら自分1人でしっかり磨けるように指導していくことも大切です。

仕上げ磨きの回数を減らし、

きちんと磨けているかチェックに移行していくようにしましょう。

睡眠中は唾液の分泌が減るので、

夜寝ている間に1番菌が繁殖しやすいのです。

寝る前だけでも仕上げ磨きをすることが大切です。

また、仕上げ磨きは親子のスキンシップをとれる時間でもあるので

歯磨きを通して親子の大切な時間にしてみてはいかがですか?

仕上げ磨きをどうすればいいかわからなかったり

上手に歯磨きができない場合は当院に来ていただいて気軽にご相談ください。

 

        

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ